2016年07月04日

[田中卓志x及川光博]世俗男性をいちびる1

おいらは、なんの気まぐれか、
ある交流掲示板に書き込みをしたわけだ。

友達募集みたいなやつね。
(Yhaooパートナーじゃないよ)

中高年限定の板なんだけどね(笑)。

で、条件として
>「女遊び、男遊び全然OK」
とか書いたわけよ。

そしたら不可思議がられたわけね。
(ちなみに、おいらはAセククシャル(無性欲))

でも、
60人くらいからメッセージが来たもんで、
誰が誰やら状態でもあり、板が重いこともあり、
「この件」には触れずにほっといた。

しかし、
一日経ってなお、むかむかくるので、ここで憂さを晴らしを兼ねて、
世間様に説教を垂れよう というわけ。

おいらが今まで生きてきた経験の大体において、
「一穴主義」
を自分のセールスポイントだと思ってて、
女に支持される要素だと思ってる男性が多いと感じるわけですけど、
おいらは大いに反旗を翻したい。



情けない男.jpg
「まじめな甲斐性無し」
より、

デキる男.jpg
「女たらしのデキる男」 のほうがはるかに魅力的。

というのがおいらのご高説というわけだ。


【注意】
画像はイメージであり田中卓志がダメ男で、
及川光博がチャラ男だというわけではないです。

プリンスミッチーなら浮気OKって女は多いと思うけどね。
1回子種もらえばいいんだし(笑)。


つづく。



blogram投票ボタン
たかなしことり解析&ランキング/will you vote me?:) blog analyse & ranking

posted by たかなし ことり at 19:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

最強ハモンドオルガン登場/on Latest Hammond Organ XK-5

一部の愛好家さんにはおなじみの、
SweetWatarからYOUTUBEの最新動画が届いた。

ハモンドオルガンの最新型、XK-5のレビュー。

Hammond XK-5 Organ review by Sweetwatar



XK-3リリースから10年経ってるので、
ぼちぼちバージョンアップ後継機種の発表待たれてたわけですが、
NAMM2016で発表され、6月12日には都内でのお披露目会が済み、
6月26日には大阪の堂山町で開催されます。

https://www.suzuki-music.co.jp/notices/19877/

そして、発売開始はなんと7月(!)と予想以上の高速回転!

素人の想像をはるかに上回る仕様になっており、
プロの皆様方やハモンド信奉者の皆様方は狂喜してるんじゃないかと思われ。

hammond-xk-5.jpg

SUZUKI-HAMMOND official XK-5 JPN Language(日本語)
https://www.suzuki-music.co.jp/products/65891/#undefined
https://www.suzuki-music.co.jp/products/65891/#spec

Hammond-SUZUKI EUROPE
http://www.hammond.eu/
HAMMOND-SUZUKI USA
http://hammondorganco.com/

個人的には、重量が2.8kg軽くなった(下鍵盤は0.4kg増)のは喜ばしい限り。
18.5kgは持ち上がらないけど、15.7kgだと、なんとかなる。

まあ、買えないんだけどね(笑)。

でも、
「絶対買えない...(嘆息)」が、
「置き場所確保できれば買える...(気がする)」に変わった。

blogram投票ボタン
たかなしことり解析&ランキング/will you vote me?:) blog analyse & ranking

posted by たかなし ことり at 10:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

貴公子クレイダーマン電子ピアノを語る/Richard Clayderman talks about KORG Digital Piano

YouTubeからコルグの最新動画の紹介が来た。

リチャード・クレイダーマンさんのナビゲーションであります。

演奏なさっている機材は、
"KORG B1"(電子ピアノ)でありましょうか。



『このほんわかソフトなじっちゃん誰ぞ?』
という、若い衆もおられるかと思うが、
30年ほど前には、ピアノの貴公子として婦女子の圧倒的支持を集めておったのだな。

コルグの機材に関しては、
DK-650や、SP-250について、
https://www.korg.co.jp/Product/DigitalPiano/RC_comment/
また、SP-300についても語っておられます。
http://www.korg.co.jp/Product/DigitalPiano/Compare/sp.html

おいらのおっかさんは、彼と彼の楽曲をかなり気に入ってたみたいだけど、
おいら自身は、すでにロケンローになってたせいか、あまり聴かなかった。

なんていうか、
あく抜きしたリック・ウェイクマンて感じで、刺激が足りなかったんだろな。



blogram投票ボタン
たかなしことり解析&ランキング/will you vote me?:) blog analyse & ranking


posted by たかなし ことり at 15:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月08日

バイカウント・オルガン/I had discovered an old Viscount Church Organ

I had discovered an old Viscount Church Organ in a one day of this spring.:)

アキバのヨドバシに寄ったとき、
あまたの電子ピアノをそれぞれ試めしておったらば、
見慣れないオルガンが置いてあるのを発見したんだな。

Sonus-40.jpg

商品ではなく展示品。
かなり年期が入ってるように見えた。

興味深げに、いや、内心興奮気味に眺めておったらば、
店員さんがそそっと寄ってきて電源を入れてくださって、
『どうぞお試しになてください』
と。

『わ〜もったいないです〜』
とか返しつつも、おそるおそる弾いてみた。

牧歌的でやさしい音。

VISCOUNT(バイカウント)と記してあった。

コンソールには、
クラシカルな自照式スイッチが並んでいた。

でも、
電気オルガンではなく、電子オルガン。
サンプリング音源ではなく、特許取得の物理モデリング音源であるらしい。

おいらが試したのは"SONUS"だったと思われ、
鍵盤はトラッカー式というらしいのですが、タッチに関してはよくわからなかったです。

今時の機材らしく、
現行品にはMIDI-IN/OUT/THRU、USB-A/B、PHONES端子があるみたい。
(足鍵盤は設置されてなかったと思う)



ちなみに、
バイカウントのプロのユーザーリストに、
リック・ウェイクマン(イエス)も入ってるんですけど、
ライブでの使用歴はないんじゃないでしょうか。
(オルガンではなくピアノと註釈があった)
According to the wikipedia
listed rick wakeman as viscount users.
however,as piano player.:)



現在、
ヤマハがバイカウントオルガンの代理店になっており、
日本橋のショールームで試奏できるみたいです。
http://jp.yamaha.com/products/other_brands/viscount/organ_show_room/

YAMAHA official
http://jp.yamaha.com/products/other_brands/viscount/classic_organs/sonus/?mode=series#tab=product_lineup

VISCOUNT SONUS Series PDF File
http://www.viscountinstruments.com/media/wysiwyg/pdf/pdf/SONUS_CAT_EN-low.pdf

blogram投票ボタン
たかなしことり解析&ランキング/will you vote me?:) blog analyse & ranking

posted by たかなし ことり at 14:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする