2016年04月21日

[動画]ローランドの新型電子ピアノFP-30/Roland's New Digital Piano "FP-30"

実は、2016年頭のNAMM-SHOWで、
ローランドの電子ピアノの新製品、FP-30がアナウンスされてたわけです。

しかし、
公式サイトでは英語サイトのみで紹介されており、日本語サイトには上がってなかった。

一見で、
市場を刷新するポテンシャルのある製品だとわかったので、問い合わせたところ...

>『日本国内での販売の予定はない。』

との意味の返事をいただいた。(1月22日付)

また、
『回答内容を二次使用しないように...』
と、口止めもされた。

社会通念上のマナーを念押しする意味でもあるだろうから、
その他の回答内容の詳細は略します。



おいらの場合、電子ピアノについては、
住環境の理由から、もっぱらポータブルのものを対象としています。

で、
ステージピアノではありますが、
2013年秋発売のヤマハのCP-4の突出度が高く、アマチュアユーザーの方々でも、ある意味妥協してすでに購入した方々は少なくないと思われます。

おいらもちょっと試弾したことがありますけど、
一言で言うと、「経験したことのない鍵盤のタッチ」、であり、
多くのプロの方々をうならせているのも、うなづけるものがあった。

しかしながら、
アマチュアにはオーバースペックであるのも確かなことで、
GH鍵盤搭載の廉価版CP-40は方向性がずれてる気がする。
(NW-GH鍵盤搭載のMIDIキーボードのほうが需要があるんじゃないかと...)

あと有力な選択肢としては、
カワイのMP-7(ステージピアノ)やES-8(電子ピアノ)とかもずっと頭にあった。
(重量22kg超えが個人的に難点。持ち上げられない。)



で、本日ローランドさんから、
日本での販売が決まったというメールが来たので、
その事自体は書いても良いだろうと思ったわけです。

FP-30の特徴/セールスポイント

◎音源数を絞ってある*
◎評価の高いPHA-4鍵盤搭載(静寂性も高く個人的にとても良いと思う。)
◎重量15kg以下
◎価格10万円以下(木製スタンドとペダル含む)

*音色数は、ピアノ:6音色、E.ピアノ:7音色、その他:22音色、となっています。

Roland Official JPN
http://www.roland.co.jp/products/fp-30/features/

Roland Official ENG
http://www.roland.com/products/fp-30/

ウッドスタンドにも収まるし、
金属製のキーボードスタンドに乗せても使える。

ヤマハのP-255やコルグのLP-380など、
各社売れ筋の電子ピアノたちは「吹っ飛んでしまった」感があります。

ホームユースタイプというのか据え置き型というのか、F-130RなどのPHA-4鍵盤搭載の電子ピアノが、既にあるにはあったのですが、これは、「ちゃんとした家がある人用」って感じなわけです。
(F-130Rの価格は概ね10万円で重量35kg。要組み立て)

ステージピアノのNXシリーズとかも、
徐々にPHA-4鍵盤搭載仕様に変わっていくんだろうなとか思ってます。





blogram投票ボタン
たかなしことり解析&ランキング/will you vote me?:) blog analyse & ranking

posted by たかなし ことり at 19:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。