2015年10月22日

(平沢唯じゃなく平沢進師匠の)P-Model SCUBA 1984 by Conmact Cassette

P-MODEL "version.1984" Personel:平沢進、三浦俊一 
師匠の出現当時はテクノパンクとかテクノポップとか言われてた。

4thアルバム"Persvective"-1982 は、
VROOOM-THRAK King Crimson -1994
を10年以上先取りしたかのような、ノイジーで破壊的なメタルサウンドだった(気がする)。

クリエイターの表現手段のひとつである自己破壊だったのかもしんない。
カセットテープ版を持ってたんだけど、誤って捨ててしまった^^;

1984年は
ジェンソンバトン卿の奥様道端ジェシカさんの生まれた年。
グリコ森永事件があった(そうな)。

Frozen Beach /Susumu HIRASAWA Arr.P-Model


当時カセットテープでリリースされた。師匠のJASRACとの闘いの一環の一巻。
おいらは書店で偶然見っけて買った。
再発CDは絶盤。(持ってない)

1994年に、SCUBA RECYCLE、として再々発。Remastered, Retakeed.
(持ってない)

・・・

作詞/作曲:平沢進 Vo/Gtr:平沢進 Kbd:三浦俊一
FROZEN BEACH
であいのばしよはそもこのふろーずんびーち
きみときょういとけいいでかんがえる
あしたからのできごとのまえぶれに
こだいのなみだひとつもながさせて
嗚於

ふたりのかげのおちていくさき
うみのげんしとぶんしにはじをしる
かこしりあうひとだけにおもいだす
かがくといのりのはざまふろーずんびーち
嗚於

なかふかまるほどにきえるくちかず
ゆめのあいずとひみつでいきをつく
あといくつのうつつをおもいながら
とけたうみのそこできみにあえるか?
嗚於



blogram投票ボタン
たかなしことり解析&ランキング/will you vote me?:) blog analyse & ranking

posted by たかなし ことり at 20:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/428305029
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック